ふぐにまつわるお話

有名な俳人たちが河豚の美味しさを詠んだ俳句・川柳が多く残され、広く愛されるようになったふぐ料理は、もともとは庶民の味として親しまれておりました。しかし、長い歴史の中でいつしか高級食材として人気となったふぐ刺しやふぐ鍋、ふぐ雑炊などの天然ふぐ料理は、食べる事はあっても意外と知られていない事が多くあります。こちらでは、ふぐ料理を美味しく召し上がっていただくために、ふぐにまつわるお話ついて紹介しています。

ふぐ(河豚)

河豚は俗に鉄砲と言います。その語源は昔の豊臣秀吉の朝鮮出兵に始まると言います。
九州に集結した豊臣兵はおいしい河豚を食べてその中に何人かが毒に当たって倒れていきます。
原因がわからないのでまるで鉄砲にあたったと呼ぶようになりました。
その後河豚食は御度となり長い間食べられなくなりました。
明治になり、伊藤博文公が解禁にしました。
ここ伊勢湾の河豚も漁獲高は全国有数で30年ほど前から地元の料理屋、旅館で提供しています。
高級河豚はトラフグ、ヒガンフグ、ショウサイフグですが、ふぐ料理の王様はトラフグです。
一年中いますが、主に10月から3月くらいが旬です。

美味しいふぐは栄養満点でヘルシーです

ふぐは脂肪分がほとんどなく、高たんぱくで低カロリーなうえ、タウリンやセレンの他、コラーゲンが豊富に含まれているため、健康だけではなく美容にもいい食材といえます。そのため、ダイエットをしている方や美容に気を使っている方にとって、ふぐ料理は積極的に食べたい健康美食といえます。

また、グルタミン酸やイノシン酸などの旨み成分が多く含まれているので、出汁を使わなくても、河豚の淡泊な身だけで風味豊かなふぐ料理が食べられます。
そんな河豚は白身魚の王様ともいわれており、河豚が持っているこりッとした食感は、他の白身魚と比べても別格の扱いです。

伊勢湾・三河湾で獲れた新鮮で美味しいとらふぐ料理を味わうなら、愛知県知多郡南知多町にある当館松新にお越しください。
当館では、ふぐを知り尽くした主人が生け簀から1匹1匹丁寧に捌いてお客さんをお待ちしております。
また、その他にもお手軽海鮮コースや伊勢海老アワビ付きのコースなど様々なコースをご用意しております。
鮮度抜群の活け簀料理漁師料理を味わいたい方は、是非当館松新へお越しください。